Google+ Followers

2014年2月6日木曜日

思いを受け継ぐ たんす

このかっこいい外観、なんでしょう



なんと、府中の家具屋さんのギャラリーです!



ショールームを兼ねたギャラリー
とのことですが、鉄骨造の建物と木の一体感がかっこいいです。
木の葉の形に日差しが落ちるところがとても素敵です。

昨年12月 高橋工芸さんを尋ねました。
家具を中心に、クルーザーの内装を丸ごと木で造ったりと
こだわりの製品を作られています。

 


中でも気になったのが、この再生たんす。
昔のたんすの前板や取っ手を活用しています。
本体は桐のたんすを新たに作り、
アンティーク感を活かした風合いで前板、取っ手を取り付けているそうです。

建てつけが悪くなってしまっていたり、だれが使っていたかわからないたんすを
使いやすく・気持ちよく使ってもらえるとともに、
昔のたんすの良さを受け継ぎながら、
現代の材料・職人さんの技術とも融合した素敵な一品。
高さを抑えることで、リビングやダイニングにも置けます。

色々なたんすの前板を使ったものはこのようにカラフルになりますが、
お母さん、おばあさんの使っていたたんすをこのように活用することも可能だそうです。
昔のものを受け継ぎ、使うという考え方にとても共感するので
少し値は張っても、こういういいものを使いです。

HPのギャラリー写真も素敵です!

高橋工芸
http://www.takahashi-kougei.com/

0 件のコメント:

コメントを投稿