Google+ Followers

2014年12月15日月曜日

人の数が倍なら、できることは何倍に??

鵜飼町223で古民家改修を行いました!
1日目は、「床張り」
メンバーは、古民家の改修に興味のある方、移住者受け入れの取り組みに興味のある方等 10名程。

地域おこし協力隊事務所&お試し暮らし施設「ぼれぇで府中」

地域おこし協力隊の事務所併設の古民家を、地域の方に交流の場てして使って頂きたいと思っています。

「良くコミュニティスペースとか聞くけどなんなの?」
と思われるかもしれません…
「地域にそれらしき建物が完成したみたいだけれど、何をやってるのか分かりません。」なんて事もありませんか?

そこで、企画や、改修、整備段階から参加者を募り、参加者と一緒につくる「交流の場所」それが、「ぼれぇで府中」になればいいなと計画しています。

そして、移住希望者が、「府中市ってどんな人がいるの?」って時に「お試し暮らし」という、府中市体験に来て、地域の人と交流し、府中市の生活環境を実際に見にくる施設としても、ご利用頂けます。

来られた際に、自然に、交流が生まれる夢を描いて、さあ改修開始!
    根太にコンパネを張っていきます。


    コンパネに墨をうっていきます。
    床材の張る位置を決めます。
    
    床材を半分張れました!

1日目を終え、本当に人の数って凄いなと。作業効率何倍なんだろう。
皆さん本当に本当にありがとうございました!そして、お疲れ様でした!


次回は2月に、「壁塗り」を予定してます。チラシ、Facebookにてご案内します。次回もよろしくお願いします。

0 件のコメント:

コメントを投稿