Google+ Followers

2014年9月23日火曜日

上下町での取り組み

「白壁のまちなみを活用したまちづくり委員会」に参加してきました。


地域課題に取り組むため、
商店街の方を中心に委員が構成され、
大学の先生、県担当者、市役所職員の方も参加しています。

上下町の未来は?
そのためにどうしたらいいだろうか

色々な課題が出てきました。
本当に、難しいテーマだと思います。
頭の中でぐるぐるします。
10年・20年前と、今では何が違うんだろうか。
どうしたら状況が変わるんだろうか。

協力隊になり色々なところへ視察にいきましたが、
環境は違えど、同じように苦しんでそこから持ち直したところもたくさんあります。
それぞれに、その場所での成功事例があります。
その場所でしかできないだろうということもたくさんあります。
でも、成功し始めたところで共通して感じるのは
そこに住む人の意識が変わったことが大きな要因 だと思っています。

ある新たな仕組みで成功したところは、地域の方との話し合いを 何度も 何度も 何度も 重ね、
住民一丸となることで成功しはじめました。
その仕組みは素晴らしいものですが、地道な話し合いがなければ決してうまくいかなかったと思います。
成功事例を示して仲間を増やすということもあると思いますが、
地域全体のことで何年も先を見据えたことに取り組んでいくのなら、
皆で同じ方向を向くことが大事だと思います。
過去・現実をしっかり受け止めて、どちらの方向を向いていくのか。

実りある事業となるよう、協力隊も できるとこに精一杯取り組んでいこうと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿